プーケット生活

海のある暮らし、写真のある暮らしは心地良いです。

MENU

『タイ入国に関する条件』自己負担でPCR検査は大変なこと。年内、1年間は静かな暮らしになりますね♩

f:id:rakbaimai2:20200703083926j:plain
プーケット生活

在タイ日本大使館からお知らせが出ました。

タイ入国に関する条件が発表されましたが、結構ハードルは高いと言うか、道はまだまだ険しい様子です。

www.th.emb-japan.go.jp

大使館のお知らせでは商業フライトが飛んでいない為、タイ人向け緊急帰国便の予約が必要との事です。緊急フライトの運行をタイ政府が管理する事で入国者数の制限をかける様子ですね。

タイの入国制限の通達が出て、JALANAなどは運航を取り消したと言う事ですね。今の状況では国際線の着陸禁止が解けたとは全く言えない状況ですね。

現状でどこが国際線着陸禁止解除と言えるのかな〜っと思ったり。まあこんなタイランドが好きでもあります♩♩

家の近所でも小さなテーマパークのような場所はあります。7月からの国際線着陸禁止が解けたと言う事で早くもオープンしているアトラクションも数カ所あります。

この入国制限、実質国際線の着陸禁止状態を知ったら、再度休業になりそうな予感がしますね。

本当に観光客のいないプーケット、タイ人の観光客はちらほら見ますが、皆さん外国人向けのアトラクションにはあまり興味がなさそうです。

入国に必要な書類ですが下記となります。

1,渡航許可書(タイ大使館で申請)

2,健康証明書

3,72時間以内のPCR検査陰性証明

4,タイ滞在期間中、コロナウィルス の治療費が10万ドル以上カバーされる保険の証明

5,渡航者が隔離される施設がガイドラインに沿っていることを証明する書類
(タイに入ってからは政府の指定機関に滞在するのではないの?)

無事入国できたら、指定場所での14日間の隔離はあります。

1の渡航許可書とタイ人緊急帰国便の予約はタイ大使館で行うのですね。帰国希望リストにサインアップして、時期がこれたら帰国できると言う訳ですね。

2,3の証明はやっぱり必要なのですね。
ただ、すでに日本でも海外渡航者向けに自己負担でPCR検査と証明書を発行してくれる医療機関があったとは今回初めて知りました。

気になる費用は35,000〜40,000円ほど。高いですね。う〜ん、高いです!

検査の結果まで48時間〜72時間かかることがある!と言うことは結果が出るのが出国日ギリギリになることも無きにしも非ず!

日本だから考慮してくれるでしょうが、タイ国内でこの条件だったらフライトまでに間に合わないってこともありえそう。

4の保険代。やっぱり気になります。タイ滞在期間って最低何日保険加入すれば良いのでしょうか?

5の証明書の意味がよくわかりませんが、タイ大使館で具体的に教えてくれるでしょう。

そもそもタイ人向けの緊急帰国便の金額はいくらなのでしょうか?これも外国人料金があるのでしょうか?

今現在はこのような告知ですがすぐに変わる可能性はあります。

非常事態宣言が7月末までに延長されましたが、入国の条件を見るとやっぱり非常事態宣言下という状況ですね。

僕は11月からはほんの少しづつ、10%ほどは動き出すと思いましたが、難しそうですね。

静かな暮らしはまだ、まだとても長くなりそうです。

プーケット節約生活を楽しみましょう。

www.shimakazephuket.com

www.shimakazephuket.com

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...