海のある暮らし🌴

しまかぜ案内人のプーケット生活♬

MENU

プーケットでインターナショナルスクールに通う♪①

f:id:rakbaimai2:20171010222228j:plain

数あるブログの中からご覧くださってありがとうございます。

タイに長い事住んでいると勝手に奥様はタイ人だと思われてしまいます。違いますよ. 僕の妻は日本人です。僕の娘は生枠の日本人でございます♪

 でも生まれも育ちもプーケット島、もちろん考え方や習慣もプーケット人です。このゆる~い南国の心地良い風に吹かれてすくすくと育っていますからね。

さて、

2016年は日本へ(春)(夏)(秋)と3度一時帰国しました。日本の快適さ、便利さ、そして本物の美味しさに気づいてしまったのか....

『日本に住みたい!』『日本の学校へ行きたい!』っと言うようになりました。日本の学校Youtubeで見る『ドラえもん』の世界ですからね。静香ちゃんのように学校へ行きたいらしいです。子供は幸せなもんです。

スポンサーサイトリンク

 

 

プーケットモンテッソースクール

ただいま『プーケットモンテッソースクール

インターナショナルスクールに通っております。僕がこの学校を選んだ理由は簡単です。我が家から近いからですバイクで2分、歩いても通うことが出来ます。こんな安易な考えて学校を決めるもあまり良くありませんね。

ただ、学校が近いのは絶対に条件です。両親が学校の送り迎えをするのがタイスクールの一般的。朝の渋滞にはまり、夕方の渋滞にはまりのです。子供の送迎だけで疲れてしまいますからね。

f:id:rakbaimai:20161213183936j:plain

タイのインターナショナルスクール

さてタイのインターナショナルスクールは3ターム制です。1ターム目の始まりが8月です。日本の学校は1学期、2学期、3学期でしたね。1学期の始まりは桜が咲く4月、ピカピカの1年生ですね。

プーケットにもタイ語だけで学費も全く掛からない公立の学校もあります。我々のように日本人夫妻の子供は基本的には入学することが出来ないんですね。

 私立の学校を選択するしか方法がありません。一言に私立校っと言ってもさまざまです

  1. 学校によって学費も違います。
  2. 学校によって教育方針も違います。
  3. 学校によって授業日数も違います。
そして私立校でもタイベースなのか?

インターナショナルスクールベースなのか?

によっても違います。大きく授業料が違いますね。

 インターナショナルスクールベースの学校には外国人の先生がいます。ネィティブな英語を話す先生が担任になるわけですから、学費も高いですね。

 僕は娘は『Lower Elementary(6-9)

授業料は

  1. ターム①92,300バーツ
  2. ターム②69,500バーツ
  3. ターム③69,500バーツ

2016年現在(学費はちょこちょこ上がります)

3ターム231,300バーツ.

1年間、日本円で約764,000円です。その他にランチ代(お昼ご飯も別です)が1年間で19202バーツです。1年間、日本円で約64,000円です.

合計で1年間約828,000円になります。

アフタースクール

タイ語、日本語、英語、クッキング、サッカー、チェス、ヨガ、手芸などなど....

15時15時から16時までの45分間1人300バーツです。娘も週に3回の参加して1週間900バーツ、日本円で約3,000円です。4週間で3600バーツ、日本円で約12,000円ですね。

こうして実際にブログで書いてみますと、『おー!凄いなー!』『僕にとっては高いな!大変だ!』っと実感するのです。でも可愛い一人娘のためですよね.

『もっと仕事しないと!』っと自分に言い聞かせるのです。

ヨシ!プーケットで仕事! 仕事!

www.shimakazephuket.com

 

www.shimakazephuket.com

 最後までお読みいただきありがとうございました。

プーケットでお会い出来る日を楽しみにしております

 

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...