海のある暮らし🌴

海のある暮らしは心地良いです。

MENU

娘の学校見学『United World College Thailand』へ行って来た!

事の発端はお友達にBISP(ブリティッシュ インターナショナル スクール プーケット)のGymnastics(新体操)の部屋の写真を見せてもらったところから、娘の気持ちがこれだ!!っとトキめいた事でした。

本格的にジムナスティックやりたい!!」と言われたことで始まった、今回の学校&ジムナスティックの先生探しの旅が始まったのです。

第一弾はプーケットでスポーツといえば、やっぱりThanyapura(スポーツ総合施設)でしょう!ということでタンヤプラに併設している学校『United World College Thailand located in Phuket』を見に行ってきました。

Thanyapuraとは

プーケットでNo.1を誇る、スポーツ総合施設です。マラソン、トライアスロンなどの大会を主催していて、500mの競技場トラックがあり、ここで小さなオリンピックが開催できそうな立派な設備を運営しています。

f:id:rakbaimai2:20180112182836j:plain
United World College Thailand

オリンピックサイズの競技用50mプール、子供用25mプール、体育館にサッカーグランドととにかく整った設備です。日本のチームも集中合宿に利用することもある、まさにアスリートのための施設です。本格的な設備ですが、一般的な利用法としてはジムやデイアクティビティがそろっているので、在住者の利用としてはジム、水泳の利用が多いと思います。

Thanyyapura Health&Sports hotel

先に話をしました世界から合宿として利用されることもあり、選手が宿泊できる設備も完備しています。リゾート並みの設備なので、一般の旅行者が利用するというのもありです!が、国立公園近くのとても静かな場所なので、観光に来た方が利用すると観光地から離れているため少々不便な点もあります。

スポンサーサイトリンク


とても静かなエリアなので、夜は静かで快適でしょう。ちなみに、このリゾート設備ですが、学生も一泊ごとに利用できるのです。スケジュールによっては、疲れたから今日は学校に泊まってしまえ~!とまあ、贅沢なものです。

United World College Thailand located in Phuket

ユナイテッド ワールド カレッジの略でして、世界規模にネットワークを持つ学校です。プーケットでは18カ月から18歳までの生徒が在籍しています。日本では軽井沢に全寮制で高校があります。

www.shimakazephuket.com

こちらの学校はたしか数年前まではThanyapuraスクールだったのですが、2016年からUWCに加盟して、世界ネットの学校にグレードアップしていました。UWCと聞いてプーケットの田舎に住む我々にはピンと来なかったのですが、知る人はこの名前結構知っているようですね。

バカロレアプログラムが入っているしっかりした学校です。ただ、立地もあってか、全校生徒数は450名程度とナーサリーから高校生の数としては少々少ない気がします。

学校見学ツアー

学校内部を見学するには見学ツアーの予約が必須です。数日前にウェブ上からツアーの予約をしたのですが、システム上の問題か、なんとツアー当日にスケジュール変更依頼のメールが来ました。メールを確認したのはなんと家を出発してからの事!なんですぐに電話くれないのかな?? 2日前から見学に行く予定でスケジュールを立てていたため、慌てて車から電話しました。もう出発してしまったので何とか学校内部をみせてもらえないか?と交渉しましたが、しかし答えはNOでした。

www.shimakazephuket.com

う~ん、授業料が年間50万バーツ(約190万円)以上もする学校で、すぐに移動を考えているのにも関わらず、どうやっても人員が足りないので学校案内ができないとのこと。もちろん納得はできませんが、しょうがないのでこの日はジムナスティックのクラスのみ見学に行きました。ジムナスティックのクラスは学校内で開催しています。ジムナスティックの見学を通して、学校の雰囲気は良くわかりました。いわゆるプーケットのインターナショナルスクール!!

f:id:rakbaimai2:20180112215519j:plain
プーケット生活

ブロンドの子供たちがバイクで自宅に帰宅する姿は、ここはタイではないようでした。雰囲気もとてもよく、良い学校だなと思いました。細部までは見学できていませんが、ぱっと見た感じ、この学校良さそう!が第一印象です。

Gymnastic Club Phuket

プーケットの中では最も古い?新体操クラブだと思います。(FBやインターネットで調べる限りの情報です)学校が休みの時は特別クラスもあり、放課後毎日ジムナスティックの授業を開催しています。

メインの先生の他、3名のコーチがいて、我々が訪問した際は女性のボースコーチ、Jessicaは出張だったため、男性コーチ3名と娘も練習をしました。1時間400Bでレッスンを受けることができます。

f:id:rakbaimai2:20180112184129j:plain
Gymnastic Club Phuket

楽しそうに遊んでいた。いや失礼、楽しそうに側転の練習をし、今まで簡単だと思っていた側転も膝を伸ばす、一直線に体を動かすなど細部のアドバイスを受け、娘は意外に難しいんだな~と首をかしげながらも楽しくレッスンを受けました。

授業料

娘が小学生2年生で入学した場合の想定です。
年間授業料 518,000バーツ(1,916,600円)
ETOC 5,000バーツ(18,500円)
給食費 35,000バーツ(129,500円)
合計 558,000バーツ(2,064,600円

毎年学校の授業料だけで約60万バーツ(2,220,000円)ほどは必要となります。グレードが上がるとETOC費や給食費、授業料が上がります。

入学時に必要な経費

入学金 150,000バーツ(555,000円)
サポート費(PTA費) 500バーツ(1,850円)/年
セキュリティーデポジット 100,000バーツ(370,000円)
入学時には +250,000バーツ(92,500円)必要となります。

スクールバス費

朝のみ利用 23,500バーツ(86,950円)/年
往復利用 47,000バーツ(173,900円)/年

UWCに通うメリット

・学校後に毎日ジムナスティックができる。
・学校もスポーツがメインの学校でのびのびしている。
・学校だけでなく、タンヤプラと共用しての設備のため、設備がすばらしい。
・スポーツに関して力を入れている

UWCに通うデメリット

・スクールバスがフィットしない。(集合場所での送りのため家まで来てくれない+帰りの送迎の時間が合わない)
・とにかく遠い!!(我が家から約33キロ)

スクールバスに関してはジムナスティックの先生に話をしたら、先生のご自宅が我が家から近いため、すべて無料でクラブ後おくってくれる、キャンプ時は往復送迎をしてくれると申し出をしてくれましたが、とは言え遠すぎるのが小学2年生には可哀そうかなというのが総合的な結論です。

その他のメリット

リゾートだけでなくレストランやカフェも充実しているため、フィットネスクラブとして利用する価値は大いにあるとおもいます。(家が近かったら)

f:id:rakbaimai2:20180112183125j:plain
Thanyapura(スポーツ総合施設)

ThanyapuraとロゴがはいっているRaw Cheese CakeとIce Coffeeを頂きましたが、とてもおいしくて驚きでした。食材の品質にも気をくばっている、本格志向が素晴らしいと思ったThanyapura。次回は是非本格派健康志向のDi Vine Restaurantを利用しに行こうと思います。

Di Vine横のトイレを利用させてもらいましたが、なんと自動でライトが付くシステムで驚きでした。5つ星ホテルでもこんなシステムあるのか?というレベルです。ファシリティーがスゴイので、それは学費も高いのは納得せざるおえません。

ちなみに、子供がUWCに通っていると2名まで家族がThanyapuraの施設を利用できるそうです。ジム好きにはたまらない付加価値です。いつかタンヤプラのトラックでランニングの練習、プロ集団に混ざって水泳の練習をしたいな~~と心ときめいた瞬間でした。

間違えなく、オフィススタッフがスムースに学校案内と入学手続きを行っていたら、BISPを見ることなく、即決めで入学を決めていたことでしょう。

f:id:rakbaimai2:20180112215409j:plain
プーケットインターナショナルスクール

タンヤプラの設備も小学生向けというよりは大人向きな雰囲気が漂っているので、中高生になったらより活用できるかなと思います。中学生の時点で、やはり運動中心に活動したいのであれば、やはりここに入学させると思います。

学校訪問その2:BISP編へ続く

www.shimakazephuket.com

www.shimakazephuket.com

最後までお読みいただきありがとうございました。

プーケットでお会い出来る日を楽しみにしております🌴

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...