プーケット生活

海のある暮らし、写真のある暮らしは心地良いです。

MENU

静かなプーケット島、来年はもっと静かになりそうです。

f:id:rakbaimai2:20200905084151j:plain
プーケット生活

この写真は7月に撮った1枚。震えるぐらい美しかったです♩『2020年7月タイ国内旅行25日間』とてもとてもタイを感じることが出来ました。良かったな〜

さて、さて今年あと約4ヶ月で終わるのですね♩何だか早いような、遅いような、3月末から続く静かな静かな暮らし。2021年はもっと静かになりそうな予感がします♩

まあこればかりは焦ってもどうすることも出来ません。静かにのんびりと・・・今の暮らしを大切に・・・好きなことを丁寧に・・・心地良く・・・をモットーに暮らしましょう♡

先日プーケットの人口を調べていたら、今ではプーケットは40万人となっていますが、2010年の頃は25万人しか人口がなかったのですね。

多くのタイ人が地元に戻ってしまっているので、今では10年以上前の人口数に逆戻りしているのではないでしょうか?

もしくはもっと減っている?!ような気がします。

ここ10年のプーケットは急激に成長を遂げてしまったのですね。

その結果、大渋滞、大渋滞の嵐で、島内の移動が大変でしたが、10年以上前、20年以上前の交通状況に戻ったのかなと思います。

きっと人口もその基準に戻っていますね。

最近は全く渋滞がなく、プーケット島内で生活をする分には快適ですが、ここまで道がガラガラだと少々怖くなります。

シャッターが下りた状態のパトンビーチやカタ、カロンビーチエリアを通るとなんだか悲しくなりますね。

この現象はプーケットだけでなく、パタヤチェンマイでも同様のようです。

連休になれば多少国内旅行者を見ますが、基本的に普通の週の平日はまばらです。

本当に人の少ないプーケット、このままではどんどんテナントが出て行ってしまうのでは。

しかし、一部お店では賑わっているところもあるんですよね。

新しくイサン料理店やカフェなど、ごく一部ではありますが、賑わっているところもあります。

なんとも不思議です。

一体何が決め手なのでしょうか?!

⬇️新型コロナ戦争中ですが、チャンネル登録して頂けませんか?♡⬇️
☺️笑顔で100万人、目指しています


『タイ・プーケット』プーケット絶景カフェ&レストラン♩VIEW CAFE PHUKET♩


『タイ・ナコンラチャシーマ』大自然が広がるカオヤイ国立公園(KhaoYai National Park)は美しい📷

www.shimakazephuket.com

www.shimakazephuket.com

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...