海のある暮らし🌴

しまかぜ案内人のプーケット生活♬

MENU

こころのチキンスープ 愛の奇跡の物語

f:id:rakbaimai2:20180126221413j:plain

数あるブログの中からご覧くださってありがとうございます。

子犬と男の子

あるペットショップの店頭に、「子犬セール中」の札がかけられました。子犬と聞くと、子どもはたいそう心をそそられるものです。しばらくすると案の定、男の子が店に入ってきました。

「おじさん、子犬っていくらするの?」
「そうだな。30ドルから50ドルってところだね」

男の子は、ポケットから小銭をとり出して言いました。

「ぼく、二ドルと三十七セントしかないんだ。でも見せてくれる?」

店のオーナーは思わず微笑むと、奥に向かってピーッと口笛を吹きました。すると、毛がフカフカで丸々と太った子犬が五匹、店員の後をころがるように出てきたのです。ところが一匹だけ足を引きずりながら、一生懸命ついてくる子犬がいるのではありませんか。

「おじさん、あの子犬はどうしたの?」と男の子は聞きました。

「獣医さんに見てもらったら、生まれつき足が悪くて、たぶん一生治らないって言われたんだよ」と店のオーダーさんは答えました。

ところがそれを聞いた男の子の顔が輝き始めたのです。

「ぼく、この子犬がいい。この子犬をちょうだい!」

「坊や、よしたほうがいいよ。そりゃあ、もしどうしてもこの犬が欲しいって言うなら、ただであげるよ。どうせ売れるわけがないから」

「ただでなんかいらないよ。おじさん、この犬がどこかほかの犬と違うって言うの?ほかの犬と同じ値段で買うよ。今、二ドル三十七セントはらって、のこりは毎月五十セントずつはらうから」

その言葉をさえぎるように店のオーナーは言いました。

「だってこの子犬は普通の犬みたいに走ったり、ジャンプしたりできないから、坊やと一緒に遊べないんだよ」

これを聞くと、男の子は黙ってズボンのすそをまくり上げました。ねじれたような曲がった左足には大きな金属のギブスがはめらていました。

男の子は、オーナーを見上げて優しい声で言いました。

「きっとこの子犬は、自分の気持ちがわかってくれる友達が欲しいと思うんだ!」

とげとげ、ぎすぎすのこんな時代だからこそ、いつもあなたのそばに置いて下さい。

とても素晴らしい1冊。

娘にも大切にして欲しい1冊。

2017年は200冊ほど楽しみました。2度読み、3度読みをする本もあります。

知識は財産ですからね。知識は誰にも盗まれることはありませんからね。

僕が大切にしている読書の時間、娘も本が大好きになって欲しいですね。

www.shimakazephuket.com

www.shimakazephuket.com

www.shimakazephuket.com

最後までお読みいただきありがとうございました。

プーケットでお会い出来る日を楽しみにしております🌴

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...