海のある暮らし🌴

しまかぜ案内人のプーケット生活♬

MENU

熱々のお茶に焼き芋のある暮らし

f:id:rakbaimai2:20170930141537j:plain

数あるブログの中からご覧くださってありがとうございます。

14時半過ぎ、まずはお茶にしよう!鉄瓶でお湯を沸かす楽しみ、まろやかなお茶を飲むにやっぱりこれ!先日買ってからすっかりお茶ファンになってしまいました。今以上に幸せ度数がアップしたような感じ☕ 鉄瓶パワーって凄いですね。

スポンサーサイトリンク


そして淹れる温度でお茶の効能が違うのも僕がお茶好きの理由です。

60℃で虫歯予防、80℃を超えるとカフェイン急増、お茶の効能は淹れる温度で全く違うらしいですね。

静岡など全国の茶どころでは、「玉露などの高級なお茶は50~60℃のぬるいお湯で淹れる」というのは常識。お茶の旨味テアニン(アミノ酸)は低い温度でも浸出するのに対し、前述のカフェイン、カテキンは高い温度でより多く浸出。低温で淹れると、苦味や渋みを抑えてお茶の旨味を楽しむことができるらしいです。

www.shimakazephuket.com

80〜85℃を超えた熱湯で淹れると、カフェインとカテキンの量が増えますね。カフェインは「苦味」、カテキンは「渋み」の成分です。高い温度で淹れると浸出を早めてしまい、結果的に「興奮する(=眠れなくなる)」ことになります。

逆に「今日は頑張って夜遅くまで仕事だ!」というときには、熱いお湯で淹れたお茶がおススメですね。

f:id:rakbaimai2:20170930141555j:plain

子供の頃、「石焼き芋、焼き芋・・・」っとKトラックで売りに来ると食べたくなったものです。ホクホクで美味しんですけど、高いですよね。あの時はなぜ?っと思いもしませんでしたけど、やっぱり高いですよね。

ホクホクと甘くてお茶にとっても合う焼き芋。

ちょっぴり熱めの緑茶を飲みながら味わう時間、何だか日本にいるようです。夫婦で話題になること。

f:id:rakbaimai2:20170930152406j:plain

老後のことです。

この大好きな島で今と変わらずゆる~い時間を夫婦で楽しみたいと思うのです。その為にも今とはちょっと違った資産運用を検討中です。夫婦だからこそ出来る大好きで楽しいお金の話。

ゆっくりと勉強をしながら、僕達に合った良い方法を見つけたいと思う今日この頃です。

www.shimakazephuket.com

www.shimakazephuket.com

最後までお読みいただきありがとうございました。

プーケットでお会い出来る日を楽しみにしております🌴

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...